【ブレーカーズ】2話の感想:車いすバスケの難しさが少しわかった回

©ブレーカーズ | NHKアニメワールド

10分間のショートアニメ「ブレーカーズ」の2話を観たので、今回もその感想をお話しようと思います。

ネタバレ注意
この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことをご理解したうえでお読みください。

前回の感想

【ブレーカーズ】1話の感想:パラスポーツを題材にした10分アニメ

第2話「車いすバスケットボール編 #02」の感想

©ブレーカーズ | NHKアニメワールド

今回の内容は車いすバスケを始めた海が車いすバスケと通常のバスケとの違いに苦悩する内容でした。

冒頭では車いすではうまくスピードが出せず、苦労しているシーンから始まります。

パラスポーツにはパラスポーツなりの難しさがある

うまく車いすをコントロールできない海は、自分がいつもやっていたバスケとは勝手が違うことに苦悩していました。

他にも苦労する部分は多いと思いますが、今回は「車いすでスピードを出す難しさ」のみをピックアップしていましたね。

こういうのって実際にやってみないとわからない部分ですし、それが描写されていることで、わたしたち視聴者にちゃんと伝わるのは嬉しい点ですね。

まとめ

今回はアニメ「ブレーカーズ」の2話の感想をお話しました。

次回以降でも今回のように、少しずつ車いすバスケの難しさがわかると思います。

パラスポーツに興味を持つ人がやってみたいと思うような、楽しい部分も放送されたらとわたしは思いました。

次回の感想

【ブレーカーズ】3話の感想:友情・努力・勝利が詰まった回
https://wakanyan0w0blog.com/wp-content/uploads/2020/01/wakana-Icon.jpg
わかな

少し期待も込めて次回も楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です