【デジモンアドベンチャー:】1話感想:アグモンなど懐かしい姿に感動!!

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

4月5日、いよいよ「デジモンアドベンチャー:」が始まりました!

デジモンファンとして楽しみにしていたので大興奮でテレビにかぶりついていました!

今回も感想をお話ししていくのですが、過去のデジモンシリーズを観てきた人の目線でお話ししていきます。

ネタバレ注意
この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことをご理解したうえでお読みください。

第1話「東京デジタルクライシス」の感想

懐かしさで感動

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

過去のデジモン作品を観てきた身として、変わらないアグモンに何度もウルウルきました。

コロモンがアグモンに進化して、太一に話しかけた時のアグモンの第一声には感動です。

そこから何度もアグモンが喋っていましたが「やっと会えたね」「大切な人を助けたいんだよね」という部分では、過去のデジモンシリーズを思い出しますね。

デジモンたちのキャストはテイルモン以外は変わらないので、これから登場するデジモンたちのことを考えると楽しみでなりません。

それぞれの個性が今回もしっかりと描かれそう

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

今回は太一と光子郎が活躍した回でした。

勇気をテーマにした太一は、そのテーマ通りヒカリとお母さんが危機的状況に陥った時に頭より先に体が動いていました。

一方、知識をテーマにした光子郎は機械やネットに詳しく、太一が家族を心配していた時も現状できる最適解を瞬時に導きだしていました。

デジヴァイスが出現し、太一がデジタルワールドにのみ込まれてしまった時も、初めての状況にも関わらず瞬時に状況を把握していましたね。

進化バンクはなし?

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

1話目からアグモンがグレイモンに進化していましたが、過去作のように進化バンク(進化シーン)がありませんでした。

デジモンファンなら引っ掛かった人も多いのではないでしょうか?

1話だからかリアルな描写に近づけたからかはわかりませんが、期待していただけに今後の進化シーンはどうなるのか気になります。

時代も変わり変更された点もいろいろあった

時代背景による変化では、無印でパソコンを使いこなしていた光子郎が、今回の作品ではタブレットを使いこなしていたことに現代っぽさを感じました。

太一たちパートナーはすべてのキャストが一新されており、少し違和感はありましたが観ているうちになじんできました。

https://wakanyan0w0blog.com/wp-content/uploads/2020/01/wakana-Icon.jpg
わかな

わたしは光四郎の声が可愛いく感じました!

気になるあれこれ

主題歌

  • 未確認飛行船 / 谷本貴義
  • 悔しさは種 / 藤川千愛

オープニングは谷本貴義の「未確認飛行船」です。

デジモンは和田光司さんの「Butter-Fly」がかなり定着しているので、最初はかなり違和感がありました。

しかし太一たちが動く姿を見るとやっぱり嬉しいものですね!

いろんなデジモンが進化していましたが、パタモンが進化していなかったため、無印と同じように中盤で進化するのかもしれませんね。

それと無印のオープニングで太一でデジタルワールドに行ってしまうシーン(太一が中央でグルグル回るシーン)のオマージュもあってちょっと感動しました。

エンディングは藤川千愛の「悔しさは種」で、ヤマトに焦点を当てたエンディングでした。

タケルが羽根に包まれるシーンなど意味深なシーンがありましたが、今後どうなっていくのか楽しみです!

キャスト

八神太一:三瓶 由布子

泉 光子郎:小林 由美子

八神ヒカリ:和多田 美咲

アグモン(コロモン/グレイモン):坂本 千夏

太一 母:園崎 未恵

ナレーション:野沢 雅子

ナレーションが野沢雅子さんでびっくりですし、キャスターは過去のデジモンシリーズでキャスターを務めていた方と声質が似ているように感じました。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回は「デジモンアドベンチャー:」の1話、以下の感想をお話ししました。

  • 懐かしさで感動
  • それぞれの個性が今回もしっかりと描かれそう
  • 進化バンクはなし?
  • 時代も変わり変更された点もいろいろあった
  • 気になるあれこれ(主題歌・キャスト)

あっという間に見終わってしまいましたが、過去のシリーズを観ていた方はより楽しめる作品になっているように思いました。

逆に絵のタッチも昔のままな点は、現代の子どもたちに受けるのかなとも思いました。

デジモンファンとしては、出だし好調で次回の話もすでに気になっています!

次回のサブタイトルは「ウォー・ゲーム」と、劇場版のデジモン作品3作目のサブタイトルと同じになっている点がさらに気になります。

過去のデジモンシリーズなどをまとめているこちらの記事も要チェックです!

https://wakanyan0w0blog.com/wp-content/uploads/2020/01/wakana-Icon.jpg
わかな

ワクワクが止まりませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です